予想記事

阪神
11 R 2017年12月17日(日)発走15時40分朝日杯フューチュリティステークス2歳オープン芝:1600 m 16 頭
閲覧33
0.01%
馬番馬名
本命1ダノンプレミアム
対抗3タワーオブロンドン
単穴9ムスコローソ
連下2フロンティア
特注10ステルヴィオ



2017年12月17日(日)出走15時40分
朝日杯フューチュリティステークス [GI]



私は韓国と聞くとネガティヴなイメージをすぐに抱くほど右寄りではないつもりだが、
昨日のE-1サッカー選手権の日韓戦には「来年大丈夫か?」という思いに駆られた。
もちろん、海外組がいない中で若手中心、誰が使えるか、どの戦術ができるかという実験の意味合いも
強かった大会だったが、韓国に「これは打たせてはいけない、防ぎようがない」という技ありのシュートが少なくとも2本あったから、完敗に等しい最終戦だったと思う。
終了後の監督のコメントも力なく、会場はブーイングさえ起きない異様な雰囲気となり、
改めて国内組の脆さを露呈してしまった感じだ。
もちろん、W杯までの時期も考えて監督交代という無謀なことはしないと思いたいが、
新たな才能を発掘するか、大幅な戦術変更等して、来年の本番ではアッといわせてもらいたい。
かつて岡田監督が代表監督の時代、ネガティヴな下馬評を覆してW杯で快進撃を見せたとき、
ツイッター上では「岡ちゃんごめんね」のハッシュタグが大流行りした。来年のW杯では
「ハリルごめんね」となるかどうか、ささやかながら期待してみたい。


うまぐりちゃんでの的中はあるのだが、リアル馬券では実は連敗中。本命は素直に1番人気の
ダノンプレミアム。先週の阪神JFではディープ産駒は振るわなかったが、この馬は前に行くタイプの
ハズレの少ないディープ産駒。外回りでも外が伸びそうで伸びない今回の阪神の馬場では
プラスに働くだろう。阪神にこのGⅠの舞台が移ってから王道ローテとなっている東京マイルを前走制し、
持ち時計も十分。お手馬にしつつある川田騎手の手綱で、来年のクラシックに夢をつないでほしい。

マイル経験がないが、ルメール騎手のタワーオブロンドン。
差しが決まる展開となればムスコローソ。
穴で、2歳馬で賞金ベースで上位にいるダイワメジャー産駒のフロンティア。
同じコースの桜花賞を制したデムーロ騎手のステルヴィオ。

上記4頭をハズレ1位候補に。

レース結果
1着1単勝1230 PT
単勝的中!
2着10馬連1-10550 PT
馬連的中!
3着3三連複1-3-10700 PT
三連複的中!
合計的中PT:1480 PT

スポンサーリンク

前月の本命複勝率ランキング

前月の的中PTランキング

スポンサーリンク

前月の閲覧数ランキング

スポンサーリンク

前月の「のった!」数ランキング